2020, Jan. 9
 
 
 

甘酒

(山形県の農家さんからのレシピ)

 
 

【炊飯器を使ったつくり方】

材料: 生麹(乾燥麹もOK)、水

道具:炊飯器やヨーグルトメーカー(65度で保温できるもの)、温度計、あればブレンダーやミキサー

--------

 

①炊飯器に生麹をよーくばらして入れる。

②麹がしっかり浸る程度の、お水を入れる。乾燥麹の場合は多めに。

③布巾をかぶせて、炊飯器の蓋を開けた状態で10~12時間ほど保温。65度以下になるよう、温度チェックは欠かさずに!

④味見をして、あま〜くなっていたら成功!酸っぱかったり、エグ味があったら失敗。

⑤ブレンダ―、ミキサー、フープロなどにかけ、なめらかに。

**!あまざけ作りの鉄則!**

・65度までが適温の範囲。70度になると分解酵素が壊れ始めるそうです。そうすると、美味しくない甘酒に。慣れるまでは温度計をご用意ください。

・温度が低すぎる場合は、炊飯器の蓋を半開きで固定すると温度が少し上がります。熱すぎないように注意!

・乾燥麹を使用する場合、お水が少し多めに必要です。お水を入れて1~2時間したら、炊飯器の中を見てみましょう。

・失敗してもめげない。何回かやるうちに、すぐコツがわかります。

**火入れについて**

通常のレシピでは、長持ちさせるためにあまざけを火にかけます。でも、我が家のあまざけは火入れをする方が長持ちしません。火入れなしで、いつも1ヶ月強は冷蔵庫でもちます。使っている麹の影響かもしれないし我が家がそういう環境のなのかもしれません。不思議です。保存容器は軽く煮沸したお酒の瓶。

【魔法瓶を使ったつくり方】

まるかわ味噌さんのレシピ (HPをご覧ください。)
http://marukawamiso.com/recepi/amazake-mahoubin.html

 
 
 
 
 
 

お問い合わせ&リクエスト

 

SNSはこちら

 
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram